結婚を焦れば、縁は遠ざかる?「焦る年齢」だからこそ、気を付けたいこと

結婚 焦る

アラサー世代になれば、自然と結婚を意識する機会は多くなります。
友人や同僚が次々と結婚していき、自分だけが取り残された気がする……と焦っている方も多いのではないでしょうか?

2013年の厚生労働省の調査によると、日本全体の平均初婚年齢は夫30.9歳、妻29.3歳。平均初婚年齢は年々上昇しているとはいえ、「結婚してパートナーを持つ」ということは未だに当たり前のこと、という風潮があります。20代後半になると「誰かいい人いないの?」と当事者を焦らせる言葉を口にする人も周囲に増えてくるはず。
では、どんな時に人は結婚を焦るのでしょうか?「結婚を焦るタイミング」としてよくあげられるのは、下記のようなものです。

  • 年齢的に出産のリミットを感じたとき
  • 独身の友達が少なくなったとき
  • 元彼が結婚したことを知ったとき
  • SNSの友達のプロフィール画像が、8割子供の写真なことに気がついたとき

どれも身に覚えのあるものばかりではないでしょうか。
確かに、元恋人が結婚したことを聞くと、「自分だけが前に進んでいないのではないか」と何とも言えず悔しい気持ちになりますよね。
年齢的にも、適当な誰かを見つけて早く結婚したほうがいいのでは……と焦る気持ち、筆者にも心当たりがあります。

でも、ご存知でしたか?
実は、結婚を焦れば焦るほど判断力が弱まり、人生の選択を間違えるリスクが増していくのです。
結婚して幸せになりたいと願うあなたに、失敗の道を選んでほしくはありません。
下記に結婚を焦らないほうがいい理由をいくつか挙げていきます。

to_HP

続きを読む

つらい不倫の恋に悩むあなたに。経験者しかわからない「あるある」とは?

不倫 つらい

つらい不倫の恋に悩む人は増え続けています。
2004年に東京外国語大学の助教授が調査した結果、日本の既婚者の「浮気率」は28.3%だったそうです。ここで言う浮気、つまり不倫は“精神的なもの”ではなく、“行動に起こした浮気”のこと。そう考えると、かなりの高確率だと言えるでしょう。日本では約3割の既婚者が配偶者を裏切っている、ということですが、同じ数だけ不倫相手も存在します。つらい気持ちを抱えているのはあなただけではありません。

100年ほど前、フランスの作家であるマルセル・プルーストは、「安定は愛を殺し、不安は愛をかきたてる」という名言を残しています。
彼の言うように、時に不安は恋を燃え上がらせ、障害は恋のスパイスとなるでしょう。
しかし、実際の不倫は想像以上につらいもの。名言のようにカッコよくはいきません。

では、つらい不倫で悩んでいる人は、普段どのようなことを考えているのでしょうか? 不倫経験者なら必ず共感できる、「あるある」を紹介していきます。
不倫のつらさを共有した後、きっとあなたの心は少しだけ軽くなっているはずです。

to_HP

続きを読む

彼女がいる男性との略奪愛!成就する可能性と勝負どころを知る方法

略奪愛 彼女がいる

彼女がいる男性のことを好きになってしまった、その「彼女」と別れさせて自分の彼氏になってほしい。そんな思いを寄せる人は、決して少なくありません。そう言い切れるのは、占い師のもとには日々こうした相談や鑑定依頼が多数寄せられているからです。
意中の人に彼女がおらず、その人を自分のものにしたいという願望はごくごく当たり前のものですが、略奪愛となると話は別です。占い師の力を借りてでも何とかしたいと思う人が多くなるのは当然です。
現在、意中の人にすでに彼女がいるがどうしても自分の彼氏にしたい、略奪愛を実らせたいというあなたに効く、占いからのアプローチを指南します。また、実際の鑑定例から見えてきた略奪愛のその後についても知っていただきたいことがあるので、そちらもお伝えしましょう。

to_HP

続きを読む

失敗したら会社にも居づらくなる社内恋愛の片思い、あなたならどうしますか?

社内恋愛 職場恋愛 片思い

今も昔も、社内恋愛は結婚につながりやすい恋愛の鉄板です。結婚適齢期を迎えた男女が同じ屋根の下で働いているのですから、そこに恋が芽生えない方が不思議というもの。
社内恋愛の始まりは、おそらくほとんどが一方からの片思いでしょう。片思いのまま終わってしまうか、本物の職場恋愛に発展するかは「どうやって気持ちを相手に伝えるか」に尽きるわけですが、その前にもうひとつとても重要なことがあります。
それは、相手の自分に対する気持ちはどうなのかということ。片思いだと思っていたら実は両思いだったというのは理想的なパターンですが、さすがにそこまで世の中は甘くないと考えるのが妥当でしょう。では、相手の気持ちをどうやったら知ることができるのでしょうか?もちろん相手に直接聞くのが最も確実ですが、それができれば苦労はありません。
そこで、占いからのアプローチを活用して、相手の基本的な情報(生年月日やフルネームなど)だけで気持ちを探る方法を解説したいと思います。もっとも、これで相手の気持ちを知って脈ありだと分かったからと言って何をやっても良いということはありません。露骨な行動が噂を呼び、同じ人に片思いをしている恋敵の嫉妬が社内で気まずい空気を作ってしまうと、結ばれるものも結ばれなくなってしまう可能性があります。
その片思いをより確実に成就させるためにも、社内恋愛だからこそ注意したい点もあわせて解説しましょう。

to_HP
続きを読む

不倫から結婚に発展させたい貴女にいま必要なものは?

不倫から結婚

不倫は「倫理から外れたこと」という言葉の意味とは裏腹に、どこか甘美で秘められた恋という深い意味を感じずにいられません。だれにも知られない関係は、ふたりの絆をより強くし、逆境に燃え上がらせることでしょう。しかし永遠に続く不倫関係なんてありえません。そう、夫婦という関係に発展すれば不倫ではなくなります。不倫の一つのゴールは結婚なのです。
「略奪愛」という言葉があります。これは不倫から結婚まで発展するケースのことで、ほとんどの場合は既婚男性が離婚をした上で不倫関係にあった女性と結ばれることを言います。不倫は永遠に秘密にされてしまう日陰の恋ではありません。不倫から結婚もしくは堂々とした恋人関係に発展するケースは決して少なくありません。
どうすればうまくいくのでしょうか?ここでは占いの観点で不倫を理解し、成功の糸口をみつける方法を紹介します。
いま、不倫について悩んでいる方はぜひ読んでヒントにしてみてください。

to_HP

続きを読む

上司と不倫するきっかけと展開のケーススタディ

上司と不倫

占いの鑑定現場でも、会社の“上司と部下”の関係というのは、おそらく不倫関係に陥る可能性が最も高いケースと考えられます。そのなかでもとくに「上司が既婚男性で、その部下として同じ職場で勤めている独身女性との間に男女の関係が生まれてしまう」パターンが多いです。既婚者独特の魅力は「安心感」や「落ち着き」として若い異性を惹きつける傾向があり、一線を越えるきっかけもさまざまです。
職場での不倫は一旦はじまってしまうと、どんなにつらい状況でもなかなか終わらすことはできません。逆境が多いからこそ、強い信頼感で結ばれてしまうものだからです。

そんな上司との不倫関係にある方の悩みには、実はいくつかのパターンとストーリーに分かれることをご存知ですか?
あくまで占い観点ですが、上司と不倫をしてしまうケースはタイミングやシチュエーションなどの組み合わせから、いくつかの「パターン」に分けることが可能です。また、そのパターンにより、ふたりの関係の展開、…つまり「ストーリー」を予測することができるのです。

このエントリーでは、当サイトに数多く寄せられる、“上司と不倫関係”に関する相談に多く存在する「パターン」と、その後に待ち受けている「ストーリー」の紹介と考え方をまとめました。
気になる上司がいるけど、不倫は初めて…という方もぜひ参考にしてください。

to_HP

続きを読む

あなたは大丈夫?大殺界と結婚の気になる関係性と解決策

大殺界 結婚

テレビにも多く出演し、ベストセラーになった著書も多い有名占い師の細木数子氏。彼女が提唱しているのは六星占術と呼ばれる占星術で、人を6種類の「星人」に分類して、土星人や火星人など、それぞれの星人別に運気の周期や流れを鑑定するのが基本です。
その六星占術で、最も運気が下がって何をやってうまくいかない時期とされているものがあります。それが「大殺界(だいさっかい)」です。名前を見るだけで不吉な響きを持っている言葉なので、六星占術をよく知らないという人の間でも大殺界だけは意味が広く知られているように思います。
何をやってもうまくいかないとされている時期だけに、人生の大きな決断をしたり、判断をしたり、新しいことを始めるのには適さないとされています。人生の大きな決断、新しいこととして多くの人が思い浮かべるのは「結婚」の2文字でしょう。
やはり大殺界は結婚すらするべきではないのでしょうか。大殺界と結婚の関係について解説しましょう。

to_HP

続きを読む