結婚 焦る

アラサー世代になれば、自然と結婚を意識する機会は多くなります。
友人や同僚が次々と結婚していき、自分だけが取り残された気がする……と焦っている方も多いのではないでしょうか?

2013年の厚生労働省の調査によると、日本全体の平均初婚年齢は夫30.9歳、妻29.3歳。平均初婚年齢は年々上昇しているとはいえ、「結婚してパートナーを持つ」ということは未だに当たり前のこと、という風潮があります。20代後半になると「誰かいい人いないの?」と当事者を焦らせる言葉を口にする人も周囲に増えてくるはず。
では、どんな時に人は結婚を焦るのでしょうか?「結婚を焦るタイミング」としてよくあげられるのは、下記のようなものです。

  • 年齢的に出産のリミットを感じたとき
  • 独身の友達が少なくなったとき
  • 元彼が結婚したことを知ったとき
  • SNSの友達のプロフィール画像が、8割子供の写真なことに気がついたとき

どれも身に覚えのあるものばかりではないでしょうか。
確かに、元恋人が結婚したことを聞くと、「自分だけが前に進んでいないのではないか」と何とも言えず悔しい気持ちになりますよね。
年齢的にも、適当な誰かを見つけて早く結婚したほうがいいのでは……と焦る気持ち、筆者にも心当たりがあります。

でも、ご存知でしたか?
実は、結婚を焦れば焦るほど判断力が弱まり、人生の選択を間違えるリスクが増していくのです。
結婚して幸せになりたいと願うあなたに、失敗の道を選んでほしくはありません。
下記に結婚を焦らないほうがいい理由をいくつか挙げていきます。

to_HP

続きを読む