今さら聞けない?「引き寄せの法則」って何?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

書店へ行けば、あっちもこっちも「引き寄せの法則」。空前の引き寄せブームが到来しています。
「引き寄せの法則」は最近になってできたものではなく、ずっと昔から存在しています。
でも、言葉は知っていてもよくわからない……という人も多いのではないでしょうか。
どんな仕組みで、どんないいことがあるのか、どうしたら働くのか、ここで簡単に解説していきます。

  • 引き寄せの法則の仕組み

今の自分の思考が、現実化する。これが引き寄せの法則です。
つまり「いい気分」でいると、「いい気分になれること」が現実化、引き寄せられます。とても簡単ですよね。
逆に「悪い気分」や「嫌だな、苦しいな、辛いな」と思っていると、「悪い気分」になることや、「嫌だな、苦しいな、辛いな」と思うことばかりが引き寄せられてしまいます。

  • 「いいもの」を引き寄せるための習慣

では、具体的にどのようなことをすれば「引き寄せの法則」が働くのでしょうか。
ここでいくつか例をあげてみます。

・掃除をする:部屋が散らかっていると、悪い気分になりがち。掃除をするとスッキリいい気分になれるので、良い方向に引き寄せの法則が働きます。

・好きなものを食べる:おいしいものを食べたら、幸せで「いい気分」になります。

・趣味を楽しむ:趣味を満喫しているときは「いい気分」でいられます。自分が楽しいと思えることならどんな趣味でもOK。

自分の望みを引き寄せる「引き寄せの法則」

つまり、「望みを既に手に入れた自分」をイメージして既にその気分になる事がとても大切なのです。
そうすれば「その現状」を引き寄せる事ができるでしょう。
そして「もうある、なった」と思う事が肝心なので、「将来こうなる」という未来形を意識して使わないようにする事が重要です。

「自分の望み」を強くイメージするのではなく、「望みが叶った自分」をイメージする事。これが引き寄せの法則です。

今日からあなたもご自身の想いを引き寄せてみてはいかがですか?

veronablog-logo

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*